読売エージェンシーロゴ

広告の架け橋 ADVERTISING BRIDGE

モデルケース・3 〜初めて広告を発注する機会部品メーカーの場合〜 初めての広告です。何から始めれば…

image

●モデル企業:ヨミウリ機械 ●商品:機械部品メーカー
●依頼内容:会社案内の制作

これまで広告・宣伝の経験がない「ヨミウリ機械」。
創業50周年を迎えるにあたり、まずは会社案内の制作を決意。
「とにかく初めてで、失敗せずに良いものを制作できる
業者さんを探しているんですが…」

step1

まずは、御社のことを「お聞かせください」

中小企業では社内から会社を理解することはできても、第三者による“客観的な視点”で社外から自らの企業を知る機会は少ないように思います。せっかくの企業の強みやオリジナリティを事業展開に活かせていないことも。私たちは印刷会社ではなく「総合広告会社」です。会社案内のページ数や仕様を決める前に、まずは、あなたの企業について是非お聞かせください。

クライアント様

これまで、会社案内などの制作も含め広告・宣伝についての実施経験が無く、外部に依頼することも初めてです。良いものが出来るのか、コスト面などについても不安でしたが、お会いしてみて、まずはしっかりと当社のことを聞いていただき、理解しようとしていただける姿勢がうれしかったです。やっとスタートに立てた気がします。
話を進めていくうちに、世代交代をしたばかりの社長様が、今後のビジョンや事業方針を、社外や社内へどう伝えたらよいのか悩んでいる様子でした。まずは、その悩みをじっくりと伺うことから始めました。会社案内を作る上でも、経営指針や長所を理解した上で、パートナーとしてお手伝いしていくのが、私たちの役割だと考えています。

読売AG接続スタッフ

NEXT STEP

step2

会社の強みを「具体的な言葉やビジュアル」にしましょう

御社の“強み”を客観的に理解・整理した上で、次の段階として、それを具体的な言葉やビジュアルとしてご提案いたします。各ページをいきなり制作するのではなく、まずは表現の柱となる「コンセプト」を作成することで、単なる会社案内の制作から“企業ブランドづくり”へと進化させます。

クライアント様

当社を客観的に理解いただき、この会社ならではの強みや独自性が明確になってきました。それを具体的なキャッチコピーやビジュアルとしてご提案いただいたことで、今まで漠然としていたイメージが「コンセプト」に進化したように感じました。
ヒアリングや制作準備を進めていくにつれて、ビジネスパートナーとして何ができるかを考えるようになりました。始まりは会社案内の依頼でしたが、具体的な表現として「コンセプト」が定まり、御社の〝ブランドづくり〟のお手伝いが出来たと思います。

読売AG接続スタッフ

NEXT STEP

step3

「企業戦略」を、ひとつひとつ実行していきましょう

直接エンドユーザーに接触する機会の少ない、いわゆる“B to B”のクライアント様でも「戦略を立て、実行する」ことなくしては、良い結果にはつながらないと考えます。私たちは経営規模や予算の大小にかかわらず、総合広告会社としてのノウハウを活かし全力でサポートいたします。
経営理念・ビジョン策定のお手伝いから、CI(コーポレートアイデンティティ)、各種PRツール制作、記念式典イベント実施まで。「何でも対応できる」からこそ「何をしていいか分からない」お客様の的確なサポートができると考えています。

クライアント様

会社案内をどうにかしたいという依頼から、自社の理念やビジョンを再確認でき、50周年を節目に、経営理念・ビジョンの策定、CI(コーポレートアイデンティティ)から、顧客や関連業者を招いての式典イベントの実施まで、当社にとっても大きな弾みになりました。総合力のある御社に依頼して、本当に良かったと感じています。
創業50周年という機会に、会社案内の制作から始まり、最終的には「企業のブランドづくり」という重要なお仕事を任せていただけたことはとても光栄です。B to Bの企業であっても、総合広告会社としてのノウハウを発揮できたことを嬉しく思います。

読売AG接続スタッフ

CASE一覧

トップへ移動

お問合わせへ

株式会社 読売エージェンシー中日本

COPYRIGHT(C)2012 YOMIURI AGANCY NAKA-NIPPON Co.,Ltd. All rights reserved.